1.車の年式と買取相場
車の年式と買取価格には重要な関係があります。基本的には年式が新しい方が買取価格が
高くなります。

車の年式が繰り上がるのは毎年1月です。
これを知らないで売ろうとすると、時期によっては大きな損をすることになります。

年式が一年違うと10万円以上の差が出るので注意が必要です。もっと言えば平成24年車
といっても1月〜12月まである訳です。もし12月に売りに出さずに翌年の1月になって
しまったら、年式査定が一年分下がってしまいます。

このことから年末に近づくと車を売りに出す人が増え、買取相場が下がる傾向にあります。
この仕組みを知っている人なら、夏から秋ぐらいの検討をしていると思います。
中古車の査定には、まず年式で相場が決まります。でも買取相場というものは年式だけでは
ないということも言えます。

年式が古くても人気の車種は買取価格が高いです。新車を購入する方はディーラーにそのまま
下取りに出す方も多いかと思います。
ただ意外に安く下取られて損をすることもあります。

出来れば需要の高い大手の中古車販売店に出す方が、高く買い取ってもらえるのではないかと
思います。

2.車の買取
車の買取にも色々と方法があります。買取というより売却する立場で考えてみましょう。
まずは中古車の販売店に持ち込むという方法です。

ですが中古車を販売していても高く買い取ってくれるとは限らないでしょう。
車が欲しくて買う立場なら中古車販売店を回るのは間違っていません。
やはり買ってもらうなら、中古車買取店に行くのが正解です。買取店と言っても販売も
しているのですが、ガリバーやアップル、ラビットなどはどちらかと言うと買取に力を
入れているように思えます。

また大手はオークションの代行のサービスもあります。
近年は不景気が続いているので、新車を次々に買うというバブル期のような状況ではありません。
状態の良い中古車を乗り継ぐ方が増えています。

そして少しでも得したいと思うのは当たり前です。普段あまり車を使わないという方は、
不要になった車を売れば現金になります。
また次の車の購入をお考えの方は購入資金になります。それなら少しでも高く買い
取ってもらえる買取業者を探したいですね。ただ車の買取で詐欺にあったりする被害も
耳にするようになりました。

車は高額な資産ですので安心して買取をしてくれる業者を見付けたいものです。